Highfield Gaijinsan’s blog

これは、Highfieldに住む ”あぶなくない” Gaijinさんと’3K’ Wiffyの開拓の記録です。

西庭の開発

Highfieldの西庭には、小屋を建て、小屋まで園路を作って、その後は夏の草抜きなどの手入れはしていましたが、これ以降どう作っていくか迷っていました。家が1軒建つ広さの四角い庭で、可能性が自由すぎたのです。またGaijinsanが購入した土地なので、彼の意見を尊重する必要もありますが、彼自身は特に「こうしたい」という考えはありませんでした。すぐ隣に家がある圧迫感が嫌だから、土地を買ったというのが本音です。確かにこの土地がなく、すぐ傍にこの隣家があったら、息苦しい感じがしたでしょう。

f:id:highfield_gaijinsan:20210104212850j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210104183752j:plain

お隣は8人家族で、敷地目いっぱいに大きな家を建てました。われらが小屋も園路もなく、いきなりこの家がすぐ傍にあったらと思うと、Gaijinsanに土地を買ってもらっててよかったです。

 

ただ、この西庭、秋・冬・春はよいのですが、梅雨の時期には水はけが悪くなり、特に台風などで豪雨が降ると水浸しになっていました。

f:id:highfield_gaijinsan:20210104184242j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210104184314j:plain

これは2019年の10月の台風21号の時の写真で、HighfieldのあるC市は、大雨に見舞われました。小屋までの園路を作る前です。上の写真のように南庭から流れて来た雨水や、小屋の屋根からの雨水が、西庭いっぱいにたまっていました。

 

ある早春の豪雨の時、一瞬晴れたスキに、たまりかねた3K Wiffyは水の流れを作りました。大自然の中では、水は低い土地を見つけて流れて行き、せせらぎを作ります。暗渠とか側溝とか設置することも考えましたが、せっかく広いんだから、自然のランドスケープの中のせせらぎに見立てた溝で行こう、それで水はけを改善できないかと思ったのです。

f:id:highfield_gaijinsan:20210104191956j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210104192113j:plain

南庭からの水を流すために、小屋の前側から用水路に流れるように掘った溝をチグリス、小屋の屋根の雨水を集めて小屋の裏側から用水路に流れる溝をユーフラテスと呼ぶことにしました。(チグリス川とユーフラテス川にはさまれた三角地帯は言わずと知れたメソポタミアですが、その呼び名は使っていません。)

 

水は面白いように流れていき、あっという間に配水されて行きました。その後は大雨のすぐ後でも、それほど西庭に水は溜まらなくなりました。

f:id:highfield_gaijinsan:20210104211819j:plain

大雨のすぐ後でもこの程度です。この水たまりくらいだと数時間で浸み込んでなくなります。

 

その後チグリス川は、西庭の少し高くなっている地面に降った雨水も集めて流れるよう、土地の低い部分を這うように少し流れを変えました。小屋の屋根の雨どいからあふれる水も集められる位置にしています。また、チグリスの向こう側、その少し高くなっている地面に、イロハモミジをWの字の配置で5本植えました。このモミジが水を吸ってくれることも計算しています。

f:id:highfield_gaijinsan:20210104213756j:plain

流れを変えたチグリス川の様子です。イロハモミジは、今はひょろんと棒のようなのが5本立っているのに気づくかどうかという存在ですが、育ってきたら存在感も出てくるでしょう。将来モミジの木立の木漏れ日の中を歩けたら素敵だと思い、モミジを選びました。Gaijinsanもモミジは大好きです。

 

このモミジの間を縫って、園路を作り、小屋から新築の隣家の並んだ道路まで、道をつなげることにしました。そうすれば、わが家の前から大階段を降り小屋の前を通りお向かいさん前の道路まで、足を汚さないで歩け、雨の日に回覧板を持っていくのも平気です。モミジが育って木漏れ日の中を歩くにも園路があれば素敵です。

f:id:highfield_gaijinsan:20210105011712j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210105012034j:plain

まずレンガを置いて、園路の形を決めました。次に園路内部の草を抜いて地面をならし、防草シートを敷く準備をしました。

f:id:highfield_gaijinsan:20210105145300j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210105012428j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210105012347j:plain

防草シート(ザバーン)を敷いているところです。園路を測ると10mだったので、1m幅を10m買ったのですが、カーブがあるので、考えてカットして配置しないと足りなくなります。配置に少し頭を使いました。

f:id:highfield_gaijinsan:20210105013259j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210105013415j:plain

防草シートは上手に配置でき、Uピンで押さえました。きれいな仕上がりに満足です。

f:id:highfield_gaijinsan:20210105152503j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210105152124j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210105152732j:plain

砂利を敷いて完成したところです。小屋までの園路を作った後、10袋残っていたので、まずそれを敷いて、足りなかったので10袋買い足しました。どちらもミックスクラッシュという名前で、ネット上で確認した限り、まったく同じ砂利に見えたのですが、残っていた分はKインズ、買い足し分はKメリからの購入で、実物は少し種類が違っていました。うまく混ぜて敷いてわからなくしています。なお、買い足し分をKインズから買わなかったのは、近くのお店が残念ながら閉店してしまったからです。

f:id:highfield_gaijinsan:20210105015334j:plain

ガーデンライトをせせらぎのほとりから、園路に沿った場所に移動させ、夜も歩けるようにしました。最後に「よく咲くスミレ」のポットを彩りに置きました。

 

かわいい出来上がりに大満足です。道行く人からは「メルヘン」などと呼ばれています。これでHighfieldの園路は、大階段下から小屋までが6m+小屋の前が4mの10m、小屋から道路までが10mと、全長20mになりました。

小屋の前から新しい園路の間にチグリスのせせらぎがあり、今はぴょんとまたいで越えていますが、いずれ手作りの木の橋でも架けようかと思っています。

【園路の造成にかかった費用】

 ・雑草シート(ザバーン 125BB 100㎝幅×10m) 3,850円

 ・雑草シート押さえピン(Uピン 50本) 1,668円

 ・砂利(10㎏×20袋) 298円×20=5,960円

 ・縁ブロック(ベルギー製 yellow 100個) 50円×100=5,000円

 ・レンガ搬送費4,400円+砂利搬送費2,200円 6,600円

 ・ソーラーガーデンライト 220円×12=2,640円  

  合計 25,716円

 ※大階段から小屋までの園路の費用30,261円と合わせると20m分で55,977円です。

以下は、ソーラーガーデンライトが点灯した時の様子です。夜、帰宅した際、明かりで庭が満たされているのは、特別に出迎えしてもらっているような、嬉しい気持ちになります。

f:id:highfield_gaijinsan:20210107234946j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20210107223444j:plain

 

南庭の再開発

春が来ました。芝生の緑が美しくなっていく時期です。3K Wiffyは、南庭に芝を追加し、ゆるやかな斜面の平らなところだけでなく、土盛りのマウンドも芝でカバーすることにしました。

小階段のリフォーム

小階段は、DIY最初の試みで、色々甘かったため、芝を貼って形が決まってしまう前に修正が必要でした。擬木階段を1段分買い足し、コニファーの幹で作っていた最下段の階段を入れ替えました。

<BEFORE>

f:id:highfield_gaijinsan:20200429164526j:plain

小階段リフォーム前の正面です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429164720j:plain

小階段リフォーム前の斜めから見たところです。

この小階段、階段幅が長すぎて、最下段が土盛りのマウンドからはみ出していました。見栄えのため、階段幅もを調整して、階段をマウンドの大きさに合わせてきれいに収める必要がありました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429165428j:plain

作業中の様子です。土が固まっていたので、階段幅調整に、春から汗をかきました。

<AFTER>

f:id:highfield_gaijinsan:20200429165723j:plain

リフォームした小階段の正面です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429170350j:plain

リフォームした小階段を斜めから見たところです。土盛り内に収まっています。

追加した芝を貼りました

姫高麗芝を、昨年の秋同様10㎡分購入しました。

<BEFORE>

f:id:highfield_gaijinsan:20200429170915j:plain

春先に雪が降った日の芝の様子です。

芝を置いた斜面の脇に、水の流れた後の水路のような部分が出来ているのがわかります。南庭の水はけのため、この部分を雨が降ったら出来る小川として残して、芝を貼ることにしました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429171052j:plain

かなりの雨が数日降り、土が柔らかくなった後、耕して芝を置く準備をしました。

<AFTER>

f:id:highfield_gaijinsan:20200429171852j:plain

斜面を流れる小川の左右に芝を置きました。自然のランドスケープのようです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429172250j:plain

駐車場側からみた芝生の様子です。

小川に向かって雨が流れるように、芝生の地面の高低が作ってあるのがわかるでしょうか?3K Wiffyも進歩しました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429172356j:plain

南庭の芝生をベランダから見たところです。斜面からマウンドへ、芝の形もきれいです。

残念なことに、秋に貼った芝に、少しブラウンパッチが出来ていました。白い丸い斑点がそれです。ブラウンパッチの原因は、高温・多湿・窒素肥料過多です。冬だったので、高温・多湿はなかったので、元畑だったための窒素過多かと推測されます。きれいな緑になるよう薬を施しケアしていく予定です。

_______________________________________

その後1か月ほどで、芝の緑も濃くなってきました。オーソサイドの2回の散布の後、ブラウンパッチも薄くなりました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200604015200j:plain

小川に沿ってガーデンライトを設置しました。昨年のコスモスが花を咲かせています。

このコスモスは昨年花壇に撒いたコスモスから自然に育ったものです。涼しげな草姿が初夏のHighfiedに涼を添えています。その生命力には驚きと更に感謝の念さえ抱きました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200604010849j:plain

マウンドの裾を100円ショップの焼杉フェンスで囲い、立ち上がりの土を隠しました

マウンドの下部の立ち上がり部分は、芝ではきれいに覆えず、ギザギザなラインの少しみっともない仕上がりになっていましたが、この焼杉フェンスで隠すと、一気に雰囲気が上がりました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200605004417j:plain

雨が降ると流れる小川の周りに灯りを置きました。これ、なんと100円ショップです。

Dイソーの新製品、200円のソーラーガーデンライト6個のお蔭で、夜も楽しめる庭になりました。Dイソーのデビュー品には、時にまったく100円ショップの品とは思えない掘り出しものがあります。

【南庭にかかった追加費用】

 ・階段(1段分) 5,940円 

 ・芝生(姫高麗芝 10㎡) 14,750円 (オンライン)

 ・芝生(姫高麗芝 4㎡) 3,948円 (S忠ホームズ)

 ・焼杉ガーデンフェンス  7ケ 756円 (Dイソー)

 ・ソーラーガーデンライト 6ケ 1,296円 (Dイソー)

  合計 26,690円

  ※南庭開発にかかった費用は、これで全部で126,000円ほどになりました。

Highfieldの開発から1年の春、また固定資産税が来ました

開発を始めて1年、Highfieldの周りは、また桜と菜の花できれいに彩られました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200420185508j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20200420185546j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20200420185655j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20200420190305j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20200420185741j:plain

f:id:highfield_gaijinsan:20200420185827j:plain

菜の花と小道、好きなアングルです。家の庭に小道があるのは素敵です。

1年たって、また固定資産税が来ました。C市は、今年は敷地全体を1つの宅地として評価してくれていて、昨年より5万円ほど下がっていました。努力が実りました。^_^




 

キッチン前のパティオもリフォームしました

キッチン前のパティオのリフォーム

Highfieldの家を建てた翌年に3K Wiffyが作ったキッチン前のレンガ敷きのパティオも10年経ちました。その間には、東日本大震災があり、少し地面が沈みました。モグラの被害で、レンガ敷きの端の方が波打っていました。30㎝の小さい苗を植えたコニファー2本が5mの高さまで育ち、大量の針葉樹の葉をレンガ敷きに落とし、日光も遮ったので、レンガも苔むしていました。針葉樹の葉を土にして、草やアイビーまで生える状態になっていました。

でも、台風15号でコニファーは2本とも倒れ、日光が当たるようになりました。

<BEFORE>

f:id:highfield_gaijinsan:20190909081244j:plain

台風15号の翌日のレンガ敷きパティオの様子です。この倒れたコニファーは伐採しました。

f:id:highfield_gaijinsan:20191025080655j:plain

レンガ敷きの周りに白石を敷いていましたが、土と芝と草に埋もれていました。

これでは、とてもこの上を歩きたいとは思えません。パティオの目的とは合わなくなったどころか、庭の「目をそらしたい部分」になっていました。3K Wiffyは、リフォームすることにしました。

レンガを剥がして、雑草や芝、アイビーを取り除き、雑草シートの上に溜まった土や針葉樹の葉を掃き出しました。白石は全部、一旦別の場所に退避させました。雑草シートの下で、地盤沈下で下がっていた家の壁沿いの地面を均し、モグラの穴でうねっていた地面は平らに戻しました。幸い、最初に作った時に、ちゃんと作っていたので、ほとんどの部分は当初の状態を保っていて、手を入れる必要はありませんでした。芝がはびこって来ないように、芝の根切り板も設置しました。

<AFTER>

f:id:highfield_gaijinsan:20200301144609j:plain

レンガと白石を戻したところです。白石は土まみれだったので、なんと全部洗いました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200301144428j:plain

レンガ敷きのパターンを変更し、白石を中心にして、周辺をレンガで囲みました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200301082737j:plain

きれいにしたパティオに、自生の水仙が咲きました。水仙は英国では春を告げる花です。

玄関前の砂利敷のリフォーム

キッチン前のパティオのリフォームに気をよくした3K Wiffyは、玄関前の砂利敷きにはびこっていた芝もきれいに整えることにしました。芝は大変難しく、生えてほしいところははげちょろけになり、砂利を敷いて生えて欲しくないところに延びてくるのです。

<BEFORE>

f:id:highfield_gaijinsan:20200221104153j:plain

玄関前のレンガチップの砂利の上に、奇妙な模様で芝が侵食していた様子です。

芝を剥ぎ、雑草シートの上の砂利を除いて、下に溜まっていた土を捨てました。

<AFTER>

レンガチップの砂利を戻した様子です。侵食した芝がなくなり、すっきりしました。

古いものも手を入れて、きれいな状態を保つようにすれば、また愛着も湧いてきます。庭作りはこれからも続きますが、新しい部分だけでなく、以前作ったものも手入れして行きたいと思います。

Gaijinsanも協力しています

f:id:highfield_gaijinsan:20200429160942j:plain

Gaijinさんは力仕事で手伝ってくれています。お正月にはフェンスの掃除をしました。

 

小屋まで園路を作りました

雨の日や雨の翌日、まだ土が乾いていない時に、家から小屋まで歩くと、靴の底が土まみれになり、玄関ポーチを汚していました。雨が降っても小屋ライフが楽しめるように、靴を汚さずにたどり着けるよう、園路を作ることにしました。

まず、小屋の前にパティオ風に砂利を敷くことにしました。小屋の前にはウッドデッキを作ることも考えましたが、イメージ的にパティオの方が合う気がしたからです。南庭に作った駐車場の残りの材料で作りました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216130014j:plain

大階段を掘った時に出た余りの土で、小屋前に土を盛り、地ならしをしました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216130336j:plain

土を敷き、均して、足で踏み固め、土を足して、また均して固め、水平を取ります。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216130700j:plain

3K Wiffy、愛用の軍手もぼろぼろになりました。ガーデン作業の親愛なる相棒でした。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216131315j:plain

小屋前のパティオの地ならしが終わったところです。3㎝位、周りより高くしました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216131929j:plain

駐車場で使った余りのザバーン雑草シートを敷き、Uピンで留めました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216132349j:plain

駐車場の砂利と一緒に購入しておいた砂利を敷きました。Gaijinsanも手伝いました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216132841j:plain

パティオの広さは小屋と合っています。3.7m×1.8mで、10㎏の砂利26袋使用しました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216133943j:plain

パティオの周りをブロックで囲い、園路の形を見るためブロックを置いてみました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216134347j:plain

園路の形を決め、内側に土を盛り固めた後、ザバーン雑草シートを敷いて行きます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216134944j:plain

園路用のザバーンは薄手のものを使ったので、カーブも作れます。風の強い日でした。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216135620j:plain

雑草シートを敷き終わり、しっかりUピンで留め、ブロックを戻したところです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216140252j:plain

小屋側から見たところです。パティオから大階段下までの園路の長さは6mほどです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216140911j:plain

砂利を敷きました。Gaijinsanが砂利袋を運び、パティオより薄敷で14袋使いました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200216141736j:plain

大階段の上から園路とパティオを見たところです。砂利10袋余っています。

このパティオと園路、道行く人たちから「こりゃあ~、いいですねぇ。」とか「また、きれいにされましたねぇ~。」と、絶賛されています。よくあるウッドデッキにはせず、パティオにしてよかったと出来栄えに満足しています。 何より、園路のカーブがお気に入りです。

この園路、家族以外で最初に歩いたのは、近所に住んでいる(らしい)猫たちでした。最初、砂利の上にそっと肉球を押し当てて感触を試していました。小屋の壁で風を避けて、ひなたぼっこをしたりもしています。Highfieldの周りには、2匹のぶた猫と2匹の子猫が徘徊しています。白いフェンスのレールの間を飛んで通り抜けるのも、彼らの好きな遊びの一つのようです。

その後、結構激しい雨も降りましたが、水たまりはパティオや園路にはかかっていません。最初に土を盛って置いたのも正解でした。砂利を敷くときは、普通地面を掘って、出来上がりを平らにするように作りますが、逆に土を盛ったのは、水はけを考えたためです。

また、大階段にも平らなブロックを2個づつおきました。それをつたって園路に降りれば、雨の日でも靴を汚さずに小屋まで行けます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200229110644j:plain

大階段に泥除けのブロックを置きました。キッチン前のレンガ敷から拝借しました。

しかし、このブロック、Gaijinnsanが歩くとグラグラしました。危険なので、修正が必要です。ブロックの再利用は止めて、新しく敷石用のブロックを買いました。赤とベージュの色違いにして、リズムを付けてみました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200229125159j:plain

大階段の地面を均して、敷石ブロックを置いて行きます。石の下は雑草シートです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200301115733j:plain

敷石がきれいに並びました。Gaijinnsanが歩いてもグラグラしない安全構造です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200301115844j:plain

パティオ、園路、敷石と、家から小屋まで素敵な道が出来ました。歩くのが楽しいです。

小屋の入り口には、段差解消ステップも置きました。これで、お年寄りにも優しい設計になりました。春が来たら、パティオに屋外用のレジャーチェアを出して、風を感じるのもよさそうです。

【園路の造成にかかった費用】

 ・雑草シート(ザバーン 125BB 50㎝幅×20m) 4,325円

 ・雑草シート押さえピン(Uピン 50本) 1,480円

 ・砂利(10㎏×40袋) 298円×40=11,920円

 ・縁ブロック(ベルギー製 yellow 100個) 98円×100=9,800円 

 ・敷石ブロック(ベージュ6個、赤6個) 228円×12=2,736円

 ・段差解消2段ステップ 5,480円

 合計 35,741円

 

 

 

 

柿食えば小屋も花咲く春夏秋冬、です

柿の実、熟れてただけ~♪

f:id:highfield_gaijinsan:20200111183154j:plain

柿の実が熟した様子です。Gaijinsanが数えたら100個以上ありました。美味しかったです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200111183425j:plain

たわわに実ったので、沖永良部島おばあさんにも分けてあげました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200111183540j:plain

高いところの手の届かない柿の実は、鳥が来てきれいに食べてくれました。

「柿の木は残った」その柿が沢山実をつけた当たり年でした。翌年2020年は、柿は9個しか実りませんでした。2018年も少なかったので、隔年で豊作と不作を繰り返してるようです。

菊がきれいに咲きました

しかし、2020年には、自生の菊が見事に咲きました。

f:id:highfield_gaijinsan:20201211013321j:plain

秋の園路です。赤、黄色、ピンクの菊が彩ってくれました。

f:id:highfield_gaijinsan:20201211013239j:plain

特にきれいに咲いたピンクの菊です。自然に見事なまあるい形になりました。

f:id:highfield_gaijinsan:20201211013337j:plain

秋の夕暮れのHighfieldの正面です。家路に癒されました。

手前の濃いピンクの花の塊は自生のペチュニアです。梅雨の時期に1つだけ花をつけていたので、草抜きの際にそのままにしていたら、大きな束に育ち、道行く人の関心を買っています。

f:id:highfield_gaijinsan:20201211015833j:plain

最盛期のペチュニアです。12月になってもまだ咲いています。すごい生命力です。

小屋の中も快適になりました

f:id:highfield_gaijinsan:20200105201519j:plain

小屋の内部、ロフトです。ラグを敷いて寝転がれるようにしました。快適です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105185517j:plain

小屋の内部、窓のある側です。それぞれの机を置きました。静かで作業もはかどります。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105191733j:plain

小屋の内部、ロフトの下側です。アームチェアを置いてみました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200217141558j:plain

小屋のコーナーにストーブを置きました。電気がなくても点きます。癒しの灯りです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429152235j:plain

春が来て、日差しが強くなったので、古いレースカーテンをリフォームしてかけました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200429152950j:plain

ムーミンの話に出て来る、知られてないけどとてもキュートなキャラの絵もかけました。

Highfieldに生えていた植物です

<夏>

f:id:highfield_gaijinsan:20200105184501j:plain

花の名前も知りません。7月にHighfieldに自生していました。また咲いてくれないかな。

f:id:highfield_gaijinsan:20201003145433j:plain

翌年の夏15本も咲きました。名前も初雪草とわかりました。ガーデンライトの夕暮れです。

<秋>

コスモスが台風に倒れても倒れても起き上がって、花をいっぱいつけてくれたのは嬉しかったです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200510030927j:plain

花が沢山咲き始めた頃です。でもこれは満開の姿ではありませんでした。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105184855j:plain 

f:id:highfield_gaijinsan:20200105184634j:plain

コスモスの最盛期です。もうあふれるくらい咲いていました。11月10日撮影です。

<冬>

冬の間は-5℃まで大丈夫なパンジーを20ポット買って彩りにしました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502154957j:plain

コスモスの後は黄パンジーにしました。Gelbe Blume’黄色い花’のお話が好きだからです。

<春>

春が来ると、メキメキと咲いて来ました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502145627j:plain

菜の花は2m近くまで育ちました。栄養が良いみたいです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502145521j:plain

小屋の周りに蔓延っているカタバミです。雑草ですが、可憐な草姿をしています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200510025433j:plain

小屋への園路はカタバミの黄色い花が彩っています。午前中だけ花を開きます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200510025840j:plain

ほとけの座という雑草です。紫の可愛い花を咲かせます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200510030051j:plain

トキワハゼという雑草です。かたまって藤に似た小さい花を咲かせます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502150812j:plain

矢車菊が自生していました。風で倒れていたので、瓶に入れて玄関に置きました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502150952j:plain

昨年の春に買って、地面に植えておいたラベンダーです。今年もきれいに咲きました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502151158j:plain

4月の後半くらいから、HighfieldにはPoppies'ひなげし'の花が一杯咲いています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502151617j:plain

ポピーは土盛りの上や小屋までの園路の周りをオレンジで彩ってくれています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200502151900j:plain

朝起きて、沢山咲いているのを見ると、不思議にそれだけで和みます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200516184012j:plain

ひなげしの丘です。4月の終わりから5月後半まで連日咲いてくれました。

グラウンドカバーとして、2種類のセダムをポット1つづつ購入して植えたところ、嬉しいことにその後どんどん増えてくれました。今ではHighfieldの色んな場所をグリーンで覆ってくれています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200510024259j:plain

セダムの1種です。1年中グリーンですが、5月にはこんな可愛い花を咲かせます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200510025001j:plain

この苔に似たプラントもセダムの1種です。こちらも5月に黄色い小さい花が咲きます。

コロナで外出自粛のGWですが、家での時間も悪くないものです。

芝生を植えて、砂利を敷いて、土留め付けて、駐車場完成です

Highfieldの水はけの問題

Highfieldの南側の庭は、道路から5mほど入ったところまでは平らで、それから奥に向かって降りて行くスロープになっています。これは、もともとの土地の起伏を利用して造成したためです。でもそのため、大雨が降るたびに土砂が流れてしまい、流れた土を運んで盛り直す作業が必要でした。

下のパノラマ写真は、大雨の際、画面左側の南側のスロープ(写真の外です)から流れてくる水が、西側の園路を流れている様子です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200103133331j:plain

Highfieldの水は南側の斜面を下り、この西側の園路を流れ、北側の小屋の前を通ります。

大雨の後の南側のスロープの様子です。土が流れた後が、筋になっています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200103133726j:plain

水で削られた南側斜面です。土が大雨の度流されるので、盛土を繰り返していました。

芝生を植えました

このままではきりがないので、土が流れないよう、まず斜面の部分に芝生を植えて土を留めることにしました。ただ、芝を植えるのに最適な季節は春です。季節が秋だったため、春ほど根が出てくれるか期待出来なかったので、試しで姫高麗芝を10㎡分購入しました。どの芝にするか、芝の種類については本を調べて色々検討しましたが、ここは土留めがメインなので、日本の風土にあった丈夫できれいな芝ということで、姫高麗芝を選びました。将来的には、夏に緑になるこの芝と冬に緑になる西洋芝とミックスして、年中青々とした芝生を目指したいと思っています。

台風19号の後、10月13日に芝を植えました。購入した芝が届いて1週間ほど経っていたので、大急ぎで台風一過すぐ行いました。台風が来る予定だったので芝の植え付けを先延ばしにしていたのです。また、芝を植える前に土壌を掘って柔らかくする必要がありますが、大雨の後の方がやりやすいからです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200103135320j:plain

急いで芝を植えています。芝は一部黒くなっていましたが、なんとか根付きました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200103135949j:plain

植え終えた芝です。芝を植えていない部分は園路になります。春にもっと追加します。

しかしこの後、台風21号が来ました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200103140443j:plain

芝生の上に土砂が流れ込まないよう溝も設けていましたが、大雨だと駄目でした。

芝生の上側に土ストッパーを付けました

台風21号の前、南庭の平らな地面と、斜面の始まる芝を植えた地面の境には、溝を掘って芝の上に土砂が流れて来ないように、水の流れを作っておきました。しかし、台風21号のような大雨だと、溝は一気に埋まり、雨の中、何度か溝を掘り返して、芝生への土砂の進入を防ごうとしたのもむなしく、上の写真のように、土砂が芝生へ流れ込んで来てしまいました。溝だけでは駄目なことがわかったので、芝の根切りを兼ねた土ストッパーを設置して、土砂の流入を留めることにしました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200103141623j:plain

芝生の上部に土留めストッパーを設置しました。作業は楽しく1時間ほどで完成しました。

上の写真が、土ストッパーの設置状況です。溝を通って水がはけるように、全てはふさがず、水の逃げ道も作っています。この写真は、設置後、かなりの雨が降った後の様子です。雨土はやはり溝に沿って流れ、溝を埋めているのがわかりますが、芝の上に土砂が流れてくることはなくなりました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200103142037j:plain

芝生を道路側から見たところです。ストッパーの黒いエッジがメリハリを付けています。

駐車場を造成しました

1.雑草シートの設置

台風21号による大雨の後、これでもうさすがに今年は大雨はないだろうと、南庭の平らな部分、将来駐車場にする部分の造成にかかりました。まず、また流れた土を運び上げて、水平に均してーもうこれでいったい何度目の盛り土作業でしょう(; _ ;) ー、でもおかげで大分地面も固くなって来たのを、更に足で固めて、地均しをしました。(上の写真は地均し後の様子です。)盛り土作業も、黄色い可愛い手押し一輪車を購入する前はバケツで土を運んでいたので大変でした。でも一輪車が届いてからは、これがなかなか楽しい作業に変わりました。一輪車、ありがたいです。地均し後、雑草シートを敷き、砂利を敷きました。 

f:id:highfield_gaijinsan:20200104003020j:plain

雑草シートを敷く地面の小さな石や雑草を取り除いているところです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200104004440j:plain

雑草シートを均等に並べた後、風で飛ばないよう1m置きにピンで留めているところです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200104004930j:plain

雑草シートにはプロも使用しているザバーンの茶色の250㎜を使用しました。

駐車場にする土地は真四角ではないので、雑草シートは少し斜めに敷く必要がありました。当然、端が上の写真のようにギザギザになるので切り取ってまっすぐに揃えます。切り取った部分も無駄にせず、下の写真のように、反対側の端の足らない部分に、雑草シート接着テープを使って貼って、こちら側の端ももまっすぐになるよう揃えました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200104010022j:plain

雑草シートを敷き終わると、もう夕暮れ時でした。満足した1日でした。

2.砂利敷き

次に、砂利を敷きました。砂利を敷かず、雑草シートのみでも雑草は防げますが、砂利を敷いた方が雑草シートが長持ちするのと、将来駐車場にするには雑草シートだけでは強度が不十分だからです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105000953j:plain

砂利を敷く前の雑草シートの様子です。手前の石はピンで留めていない部分の押さえです。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105001710j:plain

道路から4mの位置まで砂利を敷きました。これで工事が終わりでないので残しています。

雑草シートのピン止めや砂利敷きを端までは行わず、次の強い雨を待ちました。大雨で土が雨で流されて、溝を埋めるようであれば、土砂を留める何かを更に施さなくてはいけないからです。

3.土留めの設置

雨が降りました。(C市の10月、11月は雨に事欠きませんでした。)やはり、このままでは、かなりの雨が降ると、雑草シートの端の方では、シート下の土が流れていました。芝の上に土砂が入って来ないだけでは十分ではありません。駐車場用の平らな部分の土をしっかり留めるために、本格的な擬木の土留めを設置することにしました。土留めに選んだ製品は、階段の材料の時と同じ、R興業さんの商品です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105005133j:plain

土留め板の設置位置を決めています。溝20㎝を確保して、ずれないよう紐を張ります。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105004808j:plain

ピン止めしていない雑草シートの端の部分を持ち上げて、作業場所を作りました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105010431j:plain

まず土留め板を支える杭を打ち込みます。杭は50㎝近く地中に埋まっています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105010807j:plain

土留め板を置くと設置完了です。簡単ですが、土圧が低いのでこれだけで支えられます。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105010118j:plain

土留め板の杭の穴を掘っているところです。穴掘りの道具がまた役に立っています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105011354j:plain

穴掘りは結構な労働でした。また掘っている内に位置がずれないよう注意も必要です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105011316j:plain

土留め板の設置が完了しました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105012106j:plain

雑草シートを戻すと、土留板までぴったりでした。端をピン止めして固定しました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105012751j:plain

砂利を敷き詰めました。色が違って見えるのは濡れているためで、乾くと同じ色です。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105013038j:plain

芝生側から見た土留め板です。デザインも素敵で、擬木階段とも合っています。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105013405j:plain

一応の完成をみたHighfieldの南庭です。3K Wiffyがんばりました。

その後、強い雨が降ることがあっても、土は流れていません。土留め板で土が留まっています。^_^v 芝生が根付き、駐車場の地面がもっとしっかり固まれば、南庭の水はけの問題は解消されるでしょう。

【南庭の造成にかかった費用】

 ・芝生(姫高麗芝 10㎡) 13,500円

 ・土ストッパー(幅15㎝×高16㎝ 40枚) 2,756円

 ・雑草シート(ザバーン240BB 1m幅×30m) 12,670円

 ・雑草シート押さえピン(50本) 1,343円

 ・雑草シート接着テープ 598円

 ・砂利(10㎏×70袋) 298円×70=20,860円

 ・土留め板・杭 27,060円

  合計 78,787円

全部砂利を敷いた場合で、業者に見積りを取ったことがありました。26万ほどでした。DIYで頑張ったおかげで、材料費だけで済みました。

f:id:highfield_gaijinsan:20200105014525j:plain

Highfieldの前の桜の土手から見たところです。どう広がったか、よくわかります。

駐車場は出来ましたが、まだ車はありません。がんばります。^_^;